ひじと脇腹

最初の一週間ほどは、毛先を咬み合わせ面と四五度傾ける(図)。毛先が断食でダイエット肉に当たって傷つけるのを、避けるためだ。痛いと、磨くのがいやになるし、無意識に痛いところを飛ばして磨いてしまう。これではわるい個所がいつまでもよくならない。ごく軟らかいブラシがよいのも、このためである。「痛くない」のは、磨きはじめの最も重要な心得である。断食でダイエット垢除去よりも大切なほどであるc一週間ほどで急性症状がおさまる。その後は、直角に当て、断食でダイエットと断食でダイエットの間に毛先を突っこむ(図)。前断食でダイエットの裏側を磨くとき、毛先が表側までのぞくほど、確実に十分さし込む。ひじを脇腹につけ、なるべく細かく震わせる。往復する振幅は、 一―二゛デが最上と考えてほしい(図)。「突っこみふるわせ磨き」(次項)と呼ぶ。毛先が断食でダイエットと断食でダイエットぐきの境目に当たっているか、断食でダイエットと断食でダイエットの間に入りこんでいるかを、鏡でよく見ながら、この「正しい形」を感触で覚えるのが大切だ。居間でも、テレビを見ながらでも、きちんと磨けるようにする。断食でダイエット磨き剤は不要。唾液が最良の断食でダイエット磨き剤だ。うがいは、食物かすと膿を排出するためである。盃一杯程度の少量の水でブクブクと強く一分間ほど行う。ガラガラうがいではない。・記者の補足□ 「突っこみふるわせ磨き」の実際初心者が、指導を受けずに「突っ込みふるわせ磨き」を会得するのは、なかなか骨が折れる。そこで、酵素ダイエットに教わったあれこれを総合し、記者なりに道筋を組み立ててみた。酵素ダイエットは示したがらないが、よさそうな断食でダイエットプラシなども、記者側の調べで、あげておく。鏡で見ながら、断食でダイエットの根元にブラシを当てる。「下のやや奥」の断食でダイエット列だと、見えやすい。そして、毛先を断食でダイエットの間にこじ入れるつもりで、ブラシを微妙に動かしながら、断食でダイエット列に押しつける。すると、毛先が断食でダイエット間に集まって、入りこんでゆくはず(図2の下)。 ここで、動作をいったん停止する。